春なのに…お別れでした

2017/04/10



高校~大学と7年間を仲良く過ごした同級生が、約2年間の闘病のすえ、旅立ちました。

ちょうど1週間前にお見舞いに行って、あまり具合が良くなさそうな様子ではあったけれど、少し話せて良かったなぁ、と思っていた矢先の報せでありました。

帰りがけに、一緒に見舞いに行った友人と私が「また来るね」と言葉をかけると、一瞬だけ目を開けて弱々しく手を振り返してくれた。

昨日の雨が嘘のように晴れた今日、棺いっぱいの美しい花に飾られて、よーちゃんは荼毘に付されたのでした。

満開の桜を見ることもなく。
家族親戚と、少しの親しい友人たちに見送られながら。
風に舞う花びらに乗って、高く高く昇っていったんだなぁ。

今年大学生になった長女の入学式が無事に終わったのを見届けて。

よーちゃんは立派だ。
無念だっただろうけど。
2人の子供が結婚して、孫の顔を見てからでも遅くはないだろうに。
運命とはいえ、切ない。


でもね、私たちだっていつまでも生きられるわけじゃないから。

この世に生を受けた全ての命には、かならず終わりが来るのだから。

だから楽しく生きよう、なるべく。
やりたいことを優先して生きよう、可能な限り。
ときどき休息を取ろう、心も体も。

いつか来る「最期のとき」に、後悔が少なくて済むように。


今年の春は、ちょっぴり涙多め。
でもがんばる。ライブも、仕事も。
生きてるうちに逢いたい人にも逢わなきゃね。


よーちゃん、どうか安らかに。
















スポンサーサイト
comment (7) @ ブログ